読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webデザインの勉強 求職者支援訓練Webデザイン フェリカテクニカルアカデミーWebサイト制作科作品紹介



配列

配列変数

  • 番号を指定して数値や文字列などのデータをしまったり出したりする



変数名[要素番号]

  • 要素番号を「添字」と呼びます
  • 要素番号は「0」から始まります
 var a:Array = new Array();
 a[0] = 10;
 a[1] = 12;
 a[2] = 7;
 trace(a[1]);


※「a = new Array();」新しく変数配列をつくり、変数 a に代入する

テストの平均点を求める
 // 配列の作成
 var kokugo:Array = new Array();
 // 成績を代入
 kokugo[0] = 70;
 kokugo[1] = 88;
 kokugo[2] = 63;
 kokugo[3] = 95;
 kokugo[4] = 59;
 // 平均点を計算
 goukei = 0;
 for(i = 0; i < 5; i++){
    goukei = goukei + kokugo[i];
 }
 heikin = goukei / 5;
 trace(heikin);
おみくじ
 var msg:Array = new Array();
 msg[0] = "大吉";
 msg[1] = "中吉";
 msg[2] = "小吉";
 msg[3] = "吉";
 msg[4] = "凶";
 r = Math.floor( Math.random() * 5 );
 trace( msg[r] );
  • 0から4の乱数を変数 r に得て、msgの要素 r を表示させる

配列変数の機能

配列変数の初期化


a = new Array("A", "B", "C");


《例》


a = new Array("大吉", "中吉", "小吉");
trace( a[2] );

※これを実行すると、配列変数 a の2番目の要素「小吉」を表示します。

配列変数の要素数


配列変数.length


《例》


var a:Array = new Array(30, 50, 40, 20, 10);
trace( a.length );

※これを実行すると、配列変数 a の要素数である「5」が表示されます。

テストの平均点を求める
 //成績を配列変数に代入
 var kokugo:Array = new Array(70, 88, 63, 95, 59);

 //平均点を求める
 var goukei:Number = 0;
 for ( i=0; i<kokugo.length; i++) {
	goukei = goukei + kokugo[i];
 }

 trace( goukei/kokugo.length);

【課題】


算数のテストの出題ミスにより、すべての点数に10点足す必要がでてきました。
以下の点数に10を足してすべて表示させなさい。


var sansu:Array = new Array(50, 33, 61, 57, 49, 60);


《解答例》

 var sansu:Array = new Array(50, 33, 61, 57, 49, 60);

 for ( i=0; i<sansu.length; i++) {
	 sansu[i]= sansu[i] + 10;
	 trace(sansu[i]);
 }


広告を非表示にする